アットデアのぬいぐるみクリーニング・修理は、お客さまのご希望に沿っておこなわれます。余計な作業をして追加料金を徴収することはなく、明朗会計ですので安心してご注文いただけます。

アットデアのぬいぐるみクリーニング開始までの過程

 

2-5rasu

 

不慮の事故で、シミができてしまった。

ペットに噛みつかれ、破けてしまった。

放置していたらカビが生えてしまっていた。etc……

 

ぬいぐるみを取り巻く”お悩み”の原因は、人それぞれです。

 

いざクリーニングに出そうと思っても、

 

「自分の希望していた箇所は、ちゃんと綺麗になるのか(修復できるのか)」

「余計なサービスによって、料金を吹っ掛けられたりしないか」

「出来上がりが気に入らなかった場合、残念な気持ちにさせられてしまうのではないか」

 

などと不安になり、その都度、「やっぱり止めておこう」という考えに至ってしまう方も多いはず。

 

そんな皆さまのために、アットデアの”クリーニング開始までの過程”をご紹介いたします。

どのような手順でそれが成されるのか知っていただくことで、お客さまがお持ちのご不安を少しでも払拭できることを期待いたします。

 

お客さまが何をご希望になり、何をご希望にならないのか。

アットデアは、最大限お客さまの立場に立って、クリーニングをするよう努力しています。

 

1-2abc

 

こちらのクマさんのぬいぐるみ。

まるで小学生の名札のように、胸に何かが貼り付けられているのがお分かりですね。

 

お客さまから弊社へぬいぐるみが届くと、我々はまず『検品』の作業を行います。

その結果がこちらの”名札”(検品表)には記されているわけです。

 

さっそく拡大して見ていきましょう。

 

1-1abc

 

・クリーニング(傷み注意)

・中綿交換

・鼻の巻き皮交換・ほころび

 

以上の三項目が、このクマさんのぬいぐるみの名札には明記されています。

 

1-3abc

 

一つ目の『クリーニング(傷み注意)』とは、『傷みがあるため、特に注意してクリーニングせよ』という意味です。

布地や体毛に経年による劣化がみられ、そうでなくとももちろん丁寧なクリーニングをいたしますが、一縷の破損の危険性が拭えなかったために、細心の注意を喚起するためにこのような注意書きがなされました。

1-5abc

 

二つ目の『中綿交換』と明記したのは、ぬいぐるみ本来のふっくら感が失われてしまっていたために、”お客さまのご希望”に則して、古い中綿を取り出し、清潔な新しい綿を入れ替えるという作業をすることになったためです。

この際、もちろん弊社の勝手な判断によってそのような処置を施すことはありません。

お客様のご希望と、それに基づく弊社の見解を集約し、その上でお客さまに最終的な判断をしていただいて初めて、追加的な処置はなされます。

1-4abcIMG_9958

 

三つめの『鼻の巻き皮交換・ほつれ』も同様です。

鼻の部分が取れ掛かっており、また至る所にほつれが散見できたために、修繕の処置を取ることを明記したものです。もちろんこれも、お客さまのご希望によるものです。


2-2rassu

 

続いては、こちらのアライグマ・ラスカルのぬいぐるみ。

色が少しくすんでおり、手足もなんだか萎んでしまっているのがお分かりですね。

 

2-1rasu

 

検品表には、こう明記いたしました。

 

・右のひげ直し

・関節を重点的に全体綿詰め

 

まずは一つ目の、『右のひげ直し』について見ていきましょう。

 

2-3rasu2-4rasu

 

拡大して見てみると、確かに右側のヒゲがほつれてしまっていることがわかります。

お客さまのご希望によって、この部分をお直しさせていただくことになりましたので、やり忘れのないようしっかりと記載しておきます。

 

2-5rasu2-6asu

 

二つ目の『関節を重点的に全体綿詰め』とは、萎んでしまっているように見えるラスカルのぬいぐるみに、ふっくら感を取り戻すために講じた処置です。

上記の画像は、綿詰め後の写真です。前の画像と比べていただくと、その違いは一目瞭然です。

ただ『全体綿詰め』と書くのではなく、『関節を重点的に』と注釈をつけることによって、お客さまのご希望とクリーニング・修理の結果が、出来る限り近いものになるよう心掛けています。


IMG_9807

 

最後は、スヌーピーのぬいぐるみです。

先ほどのラスカルよりも中綿の状態は悪いようで、触った感じもへなへなで頼りなげです。

 

さっそく検品表を見てみましょう。二枚あります。

 

IMG_9967

IMG_9968

 

上の画像は、お客さまのご要望です。

 

・クリーニング

・全身綿詰め

 

ご要望自体は、さきほどのラスカルのぬいぐるみと一緒ですね。

 

けれど下の画像には、

 

・両耳の裏、色あせ、変色

 

と書かれていることがお分かりになるはずです。

 

IMG_9808

 

ご覧の通り、耳の裏が変色してしまっています。

これは弊社が、『特に注意し、重点的に作業すべき』と判断した汚れや傷みのひどい箇所を、事前に書き込んでおいたものです。

 

こうした独自の判断によっても、お客さまの満足のいく出来上がりになるよう努力しています。

もちろんご料金の範囲内のことでありますので、追加料金などが掛かる場合はその都度ご了解いただくため、ご連絡もうしあげます。


このようにして、アットデアでは一つ一つのぬいぐるみを精査し、お客さまのご希望に沿った形で、最も適切なクリーニング・修理をさせていただきます。

不必要な修理等はいっさいせず、もし追加的な修理等が必要だと判断した場合には、その旨お客さまへご報告させていただきます。

 

余計なご心配をお掛けすることはございません。

是非ともご安心召されて、アットデアへクリーニング・修理をお任せください。

キレイになって帰ってきたぬいぐるみをご覧になれば、ほんの少しでも嬉しい気持ちになっていただけるはずですし、頼んで良かったと思っていただけるはずです。

ご注文を、心よりお待ちもうしあげております。

 

詳しいクリーニング・修理内容につきましては、コチラをご覧ください。

ご料金の詳細は、コチラへ。

クリーニング/修理・お直し

お電話、メールでお気軽にお問い合わせください。

メールフォーム、FAXでのご注文は、24時間受け付けております。

便利で安心・全国宅配(9:00〜18:00)

ぬいぐるみの料金/送料・納期

料金/送料
納期
ぬいぐるみクリーニングご注文用紙(PDF)


ページ
トップ