オプションの防ダニ加工、抗菌加工ってしたほうがいいの?


長年一緒に暮らしてきたぬいぐるみだけに、クリーニングすることで生地が傷んでしまわないか心配。
子供の遊び相手のぬいぐるみだから、雑菌が気になる。
ぬいぐるみにはダニがつきやすいというし、どうしたらいいんだろう。

デアのクリーニングなら、無添加天然せっけんを使い、大事なぬいぐるみを傷めないよう、ていねいに手洗いしています。
また、ジェット水流方式で、雑菌もダニもしっかり洗い流すから安心。

でも、そうは言っても頻繁にクリーニングに出すわけにはいかないですよね。
大切なもの、特別なものだからこそ、せっかくクリーニングしたなら、そのキレイな状態を少しでもキープさせておきたい。
そんなときは、オプションの「ダニ加工」や「抗菌加工」をプラスしてみてはいかがでしょうか?

クリーニングで、ダニを退治し、ニオイの元となる汚れを除去したタイミングで、防ダニ加工や抗菌加工をすれば、効果的にキレイをキープできますよ。

防ダニ加工


デアの防ダニ加工は、気管支喘息やアトピー性皮膚炎、通年性鼻炎の主要な原因といわれるチリダニ類に特に有効です。
主薬剤・副成分ともに化粧品原料基準または食品添加物公定書に載っている安全性の高い薬剤を使った溶液を吹き付けることで、ぬいぐるみをダニから守ります。
ダニを殺すような強い薬ではなく、ダニが近づかないようにする「忌避効果」の薬は、肌や人体への影響はなく安全で、ほとんど無臭なのが良いところ。

ただ、安全性を優先しているため殺虫効果はやや弱いのですが、それでも防ダニ加工を行えば、半年から1年程度はダニの増加をふせぐことができるので便利。
※ただし防ダニ加工の有効期間は使用環境により異なります。

ダニによるアレルギーのリスクを減らしたいならぜひご検討くださいませ。

デアの抗菌加工


抗菌加工とは、殺菌や除菌とは異なり、菌の増殖を防ぐ加工になります。
抗菌するなら、しっかりと汚れの取れたクリーニング後に行うのが一番効果的。

不快なニオイの元になる雑菌の繁殖を抑え、ぬいぐるみを衛生的に保ち、ニオイやカビの発生を防げます。
抗菌加工では、黄色ブドウ球菌や大腸菌、サルモネラ菌、MRSA、セレウス菌、カビ、酵母など幅広い菌の増殖を抑制します。

具体的な例ですと、子供の病気でよく聞く『とびひ』の水ぶくれができるもの(水疱性膿痂疹(すいほうせいのうかしん))は黄色ブドウ球菌が原因です。
大腸菌やサルモネラ菌、セレウス菌と言えば食中毒の原因として有名ですね。

《食中毒菌と発症に必要な菌数》

食中毒病原菌 発症必要数
セレウス菌 10万~1000億
大腸菌 10~1000
サルモネラ菌 10万~10億

病原菌の種類にもよりますが、体内に約10万以上の病原菌を取り込めば、食中毒を発症すると考えられています。
つまり、菌数が増えれば、発症率が高くなるということ。
免疫力が劣っている子供や老人・妊婦はもっと感染しやすくなります。

抗菌加工の効果は、使用環境によりますが、6ヶ月~1年程度。
病原菌に感染しないためには、もちろん免疫力を高めるのが一番ですが、プラスして病原菌を増やさない環境づくりに、抗菌加工をぜひお試しくださいませ。

クリーニング/修理・お直し

お電話、メールでお気軽にお問い合わせください。

メールフォーム、FAXでのご注文は、24時間受け付けております。

便利で安心・全国宅配(9:00~18:00)

ぬいぐるみの料金/送料・納期

着ぐるみのクリーニング




ページ
トップ