ぬいぐるみのお直し 『その他の修理』

 

ほつれの修復、綿詰め直し。

これまで、主要な二つのぬいぐるみ修理についてご説明いたしました。

 

けれども、皆さまがお持ちのお困りは、決してそれだけに留まりませんよね。

 

「こんな修理はできるのだろうか」

「これほどひどい状態のぬいぐるみは、直せないのではないだろうか」

 

そうお考えになられ、修繕のご依頼を尻込みされる方も多いはずです。

 

けれど、そんなご心配は必要ありません。

多種多様なぬいぐるみの問題につきまして、デアは対応させていただきます。

 

ここでは、デアにおける個別特有の問題解決の一例をご紹介いたします。

 

IMG_9161

 

こちらの黒いワンちゃんのぬいぐるみ。

お鼻が削れて剥げてしまっているのが一目で分かりますね。

 

これをどう修復すれば、元の状態により近づけることができるか。

ぬいぐるみ修繕職人が、一つ一つのぬいぐるみをしっかりと観察した上で解決策を模索します。

 

もちろん、お直しはすべて手作業です。人の目と人の手による修理は、きめ細かく気配りが利いていて、皆さまの大切なぬいぐるみをお預かりしているのだという気持ちを片時も忘れません。

 

IMG_9280

IMG_9287

 
 縫い始める前に
 

まずは、該当箇所のお手入れです。

剥げてしまったお鼻の布部分を、綺麗に取り除いていきます。

 

IMG_9290

IMG_9309

 

次に、元の色合いと材質に似た布を探します。

修理後に違和感がでてしまわないよう、布をお鼻に押し当てて、縫い付けのイメージをします。

 

IMG_9311

 
 縫いつけ開始
 

そして、いよいよ縫い付けです。

お鼻の下辺りから、時計回りに針を通していきます。

 

一本一本丁寧に糸を縫い込んでいき、中程まで来ると、外から縫い跡が見えないか、強度は充分かなど、しっかりとチェックしていきます。

 

IMG_9343

時間を掛け、ようやく一回り縫い終えます。

 

布をお鼻に被せ、おかしな点はないか確かめます。

ぬいぐるみの見た目を左右する最終チェック。慎重を期します。

 

問題がないことを確認すると、最後に縫いつけ、完成です。

 

IMG_9371

IMG_9373

 
 完成
 

剥げていたお鼻部分に、布が縫い付けられました。

黒いお鼻は、ぬいぐるみ全体に犬らしさを取り戻しました。とっても可愛らしいですね。

 

新たに付け加えたお鼻に、違和感はほとんどありません。

元々付けられていたと言われても、不思議には思われないのではないでしょうか。

 

あなたのぬいぐるみの気になる部分も、是非この際に修繕されてみられませんか?

どのようなお悩みでも、一度、デアへご相談ください。

 

大切なぬいぐるみは、かけがえのない存在です。

如何に流行のぬいぐるみを新しく買ってきたからって、昔大切にしていたぬいぐるみを簡単に捨てることなんてできないはずです。

 

それはきっと、そのぬいぐるみとの思い出があるからに違いありません。

だからこそ、デアはぬいぐるみをお直しし、今よりもっと愛らしい姿にしたい。

そうすることで、お客様とそのぬいぐるみとの生活が、永く続いていくと幸いです。

なぜなら、思い出に替えなどきかないのですから。

クリーニング/修理・お直し

お電話、メールでお気軽にお問い合わせください。

メールフォーム、FAXでのご注文は、24時間受け付けております。

便利で安心・全国宅配(9:00~18:00)

ぬいぐるみの料金/送料・納期

着ぐるみのクリーニング




ページ
トップ